So-net無料ブログ作成

2010年は前ノリで [練習のキロク]

新年おめでとうございます。

旧年中はこのブログでおつきあいくださりありがとうございました。
2010年もますますよろしくお願いいたします[晴れ]


さて、前の記事に「アルトはしばらくお休み」と書きましたので、一応区切りとしてこそこそっと音源を上げてみました。

続きはこちらです


ミンツァー入門 [レッスン(ジャズサックス)]

「ジャズサックス」レッスンでは先生がアルトの名手ということもあり、だいたいアルトで習ってきました。が、白熊堂はビッグバンドでもテナー担当だし、しばらくレッスンはテナーに統一した方が良いのではないかと思い始めました。同じBb管どうし、Eb管どうしの持ち替えは多いですが、アルトとテナーは、特に白熊堂のようなど・アマチュアの場合はあまり勧められないとも言われたことがあります。

そんな流れで「ジャズサックス」もテナーで習うことになりました。、「テナーに統一しよう」「いや、やはりアルトもやりたい」と自分の気持ちも交替の周期があるので[あせあせ(飛び散る汗)]、またそのうちアルトも再開すると思います。多分気温が上がってきてテナーが重く感じるようになったら、です。

続きはこちらへ♪


セッティングとサウンドメイク [レッスン(出直し)]

前の記事に書いたビッグバンドの簡易録音を聴いて、楽しくもあり反省もありでした。そして聴いているうちに急に自分の音質が気になり出しました。思ったよりも音が細いというか、出しているつもりの音と違う気がして、手っ取り早いところでマウスピースを替えることにしてみました。しばらくセッティングいじってなかったしそろそろ良いかなと[あせあせ(飛び散る汗)]

これまではヤナギサワラバーの#6 を使っていました。今回購入したのが下の写真、オットーリンクのハードラバーマウスピース「90周年アニバーサリーモデル」です。なぜか2つ写っていますよね(笑) 

091201 LinkRubberMP.JPG

続きはこちらです


発表会ライブ2題 [レッスン(BB/アンサンブル)]

一応「週刊」記事を目指していますが、あっという間に12月も中旬です。秋の発表会シーズン、ブログ友と自分のビッグバンドレッスンの発表会がありました。


☆ビッグバンドレッスン発表会ライブ☆

7月に始めたビッグバンドレッスンの発表会ライブです。このバンドはだいたい1年に1回ライブを行っています。以前の記事でもちょっと触れましたが、正味3か月で15曲の譜読みは結構大変でした…。他のメンバーは所属歴・楽器歴が長い人も多く、曲も何回か経験しているので、メイワクかけるだろうなあ、とそれが気がかりでした。

詳細はコチラです


アドリブへの(遠い)道 [レッスン(出直し)]

「出直し」レッスン先では、最初にヤマハでの顛末を切々と(笑)話したので、「ただ譜面に沿って吹くだけでは…[雨]」は伝わっていて、最初からアドリブはやるものとしてレッスンが始まりました。 アドリブ―Ad libitum―とかソロとかインプロビゼーションとか、呼び方は色々あると思いますが、今後は一応アドリブで通したいと思います。

少し細かく書きます


出直しレッスン [レッスン(出直し)]

壁|_ ̄))ソォーッ  あまりにも久しぶりな更新です。
このままうち捨てるのはもったいないので勇気を出して再登場してみましたので、またおつきあいよろしくお願いします(_ _)

今回は現在のレッスン内容について書いてみようと思います。
まず「ジャズサックス」はアルトで「インターミディエイト・ジャズコンセプション」をやっています。
いま9曲目くらい?

そして新しいレッスン先はテナーで習っています。ここへ来て基本的なことをだんだんにチェックしてもらっているのでカテゴリ名を「出直しレッスン」としました。今ひとつなネーミングなので将来変えるかも知れません。


続いてレッスン内容です♪


レッスン的近況など [お知らせ]

すっかりさぼってしまいました…。
前回の更新が6月18日なので、すでに1か月以上ぶりです。

この間、レッスン的にはいろいろと進展というか変化がありました。

続きはこちらです


練習の心持ちを確認したクリニック [ライブレポ]

5月23日(土) 石森管楽器地下 Dave Pietro (as) and Jonathan Katz (pf) クリニック

Dave Pietro(As)  Jonathan Katz(Pf)
石森のブログにも5/23の項に内容がアップされています。

思えばこの7月末でサックスを習い始めて丸3年になるのですが、
楽器を演奏したり学んで行く心持ちを具体的に示されたことはほとんどありません。
「見て盗め」「聴いて学べ」的なものかも知れませんが、出遅れ大人としては言葉で言ってもらえたらと…。
そういう点でアメリカンなアプローチから再認識することが多く、行って良かったクリニックでした。

有料イベントだったので差し障りのないと思われる範囲で書きます。
追記するつもりでメモ書きのままおいていたのですが、このまま公開してしまいます。
読みにくいと思いますがご容赦ください。

まず3曲の演奏あり。とにかく音が美しい♪


クリニックの内容はこちらです


5sax 押しかけ事件 (続き) [レッスン(ジャズサックス)]

続きです。

白熊堂は4番テナーだったので(たぶんどこに行っても永久にそうでしょう)並び順も端で、これはちょっと気が楽でした。あまり音程の違う音や飛び出しだけは気をつけようと思ってステージへ。そんな大げさなところではなかったので助かりました。

そして…(^^ゞ


5sax 押しかけ事件 [レッスン(ジャズサックス)]

この記事、書くかどうかで結構迷いました。別に深刻なことではないのですが、ことの経緯や思ったことを限られた時間でうまく表現できるかどうか。その辺の迷いです。とりあえず書いてみます。

ことの起こりは先週のジャズサックスのレッスンあたり、1週間弱前のことです。先生から「○○日に5saxで演奏しようと思うので時間が合えば来てください」とメールがありました。先生のそのまた先生(ここではmy先生、大先生とお呼びします) のお誕生日が近いので、「孫弟子」たちで余興をやるらしい。この前の発表会での 5sax が楽しかったのでうかがうことにしました。

そしてその後の展開は!


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。