So-net無料ブログ作成
検索選択
レッスン(BB/アンサンブル) ブログトップ

タイム感やテンポとか [レッスン(BB/アンサンブル)]

レッスンではよく「タイム感をもって」と言われます。
たいていは曲の中での自分の位置、ということが多いのですが、
もちろんテンポ感も含まれているはずで…。

リズムセクションやマイナスワンがあると、ついそれに頼ってしまいがちですが、
自分でもきちんとテンポを刻み続けるのが前提。

例えば「1秒」をどうやって自分に刻印するか…。

続きも読んでね


発表会ライブ2題 [レッスン(BB/アンサンブル)]

一応「週刊」記事を目指していますが、あっという間に12月も中旬です。秋の発表会シーズン、ブログ友と自分のビッグバンドレッスンの発表会がありました。


☆ビッグバンドレッスン発表会ライブ☆

7月に始めたビッグバンドレッスンの発表会ライブです。このバンドはだいたい1年に1回ライブを行っています。以前の記事でもちょっと触れましたが、正味3か月で15曲の譜読みは結構大変でした…。他のメンバーは所属歴・楽器歴が長い人も多く、曲も何回か経験しているので、メイワクかけるだろうなあ、とそれが気がかりでした。

詳細はコチラです


「間違えることを練習してしまう」 [レッスン(BB/アンサンブル)]

少し紛らわしい、というか自分でも整理がつかなくなるかと思って書いていなかったレッスンがあります。それは「サックスアンサンブル」のレッスンで、これは月1回1時間です。時間的にはそれほど長くないのと始めてそれほど時間が経っていないため、これまで取り上げて来ませんでした。

ですが、得るものは実にたくさんあります。サックスをやっているとだんだんに興味が出てくるのが他の人や楽器と「合わせる」こと。リズム隊とのコンボやビッグバンドも大好きなので、その一つとしてのアンサンブルのレッスンはとても面白いです。



アンサンブルの技術とはちょっと離れるのですが、最近(というか今月)このレッスンで一つ大事なことを言われました。練習するときに集中力をもってやる、これはよく言われることですが、なかでも 「間違えることを練習しない」



あるパッセージを練習するとき、イン・テンポよりは遅めから始めます。それでも指が転んだり、運指を間違えたり、リズムがおかしくなったりしてしまいます。「遅めでやっているんだから」とこの状態を繰り返していると、「正しく吹くことを練習する」のではなく、「間違えることを練習する」結果となってしまいます。



こんなことをするよりも、自分にできるテンポできちんと1回「間違えずに吹く」ことが大事。



続きを読む


レッスン(BB/アンサンブル) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。