So-net無料ブログ作成
ジャズ/サックス周辺 ブログトップ

近況その2:「レコーディング」体験 他 [ジャズ/サックス周辺]

受講しているレッスンの近況報告、矢継ぎ早に書きます[あせあせ(飛び散る汗)]

☆ビッグバンドレッスン☆ レコーディング体験しました

レッスン形式で属しているビッグバンドですが、結成10年ちょっと経っています。その間に毎年ではないですがライブとレコーディングをしているそうです。レコーディングは毎回2曲程度を録音し、プライベートなCDが作成されます。

白熊堂は1年3ヶ月ほど前に入会したのですが、その後ライブも昨年参加し、今回はレコーディングを経験しました[音楽] 自分にとっては面白い経験だったので少し書いてみます。 9月中旬の2日間にわたってパートごとに録音。一日目前半がリズムセクション、後半が金管、2日目前半がアルトサックス、後半がテナーとバリトンサックス、その後ソロを録りました。

実は白熊堂、一曲でテナーソロに当たっていまして…収録前の週に楽器を掘り出して焦って練習しました[あせあせ(飛び散る汗)] これが一応楽器再開のきっかけになったので、まあ良かったと言えます…か[exclamation&question]

テナーとバリトン時にはほとんどのパートが収録済だったので、それをヘッドフォンで聴きながら演奏する、あのお馴染みレコーディング風景だったのですが、思ったより違和感なくできました。ソロはそのあとにバックが全部入ったものを聴きながらの収録でした。

ソロ自体は32小節で、最初は一応自分で試作してみました。が、あまりにも幼稚だったのでさすがにこれを使うのは気が引け、結局アルトの先生に丸投げを決断。その結果、びっしり埋め尽くされた(8分音符ですが)楽譜を作ってくださいまして[爆弾] テンポ180なので白熊堂のレベルでは8分音符でもかなり大変なのです。

自分のソロは2回録り、あとの方が採用となったのですが、最後の高音の伸ばしがどうしても安定しなかったためにそこだけ数回録って接いで直した (-。-;) のですが、やはりしっくり来ませんでした。結局自分の考えで伸ばしは省略し、全音符スラー2小節だったのを4分音符1つにして切ってしまうという、暴挙的決断をしました[あせあせ(飛び散る汗)] その上「ブリブリに吹いて」という指示もあり(笑)、慣れないものでピッチが本当に高くなってしまって参りました。

ピッチその他不安定だった原因の一つは、前まで使っていた楽器等と違うものをいきなり持って行ったこともあってそれは自分でもちょっと無謀だったと反省しました。それと数カ月楽器に触れていなかったのももちろん大きかったですが…これはまあ仕方ないし、一応音をつなげられただけでも良く間に合ったと思います。ですが、後日完成したものを聴いたら音が相当ぷるぷるして上ずっていると思います(笑)

たまたまソロの録音としては順番が最初だったので、あとは気楽に見学できました[犬] 他の楽器のソロの人は以前のレコーディング経験もあるせいか、かなり凝っていました。録ったものを聴いて納得がいかないと何回もやり直したり、その場でフレーズを作りなおしたり途中で止まったり(笑)、先生とあらためて相談したり…。

それを見ると自分ももう少しこだわりを持ったほうが良かったかと多少後悔に似た気持ちが湧き上がって[いい気分(温泉)] 来そうでした。ですが、問題はそれ以上に大きいところにあるので、録り直したところですぐに修正できるものはなかっただろうと思います。そもそもひどくこだわる性格でナイというところが一番大きいようにも思われます…。

出来はともかく、こういう風に「形にする」経験ができたのはとても楽しかったです。ライブやレコーディングを企画してくれる先生にも感謝です。出来上がったら部分的にでもアップするかも知れませんが…しないかも(笑) 長くなってしまったのでテナーサックスレッスン(これがメインなのですが)についてはまた後日投稿します[晴れ]


近況その1: 生きていた白熊堂 [ジャズ/サックス周辺]

再開第2弾[exclamation×2] の記事です(^-^)

ゴールデンウィーク前から5ヶ月近く、ほとんど楽器を触っていませんでした。

シゴトシゴトと騒ぐほど立派なことはしていないのですが、
しかしレッスン代くらい稼がないといけないので
その周辺がちょっと詰まっていたり、体調も多少すぐれなかったり (ホントに言い訳)、
夏には長期の来客があって手一杯だったりしてました。

ちょっとしたことですぐに楽器練習のプライオリティが下がってしまうのは情けないですが
それが自分の実情なんだな、と再認識もしました。

レッスンはどれも一応やめてはいないのですが、ほぼ全休したので
いくら低いとは言え元のレベルに戻るのが大変です。
とりあえず先月から少しずつレッスン受講を再開してます。

ここでサックスのレッスンについておさらいしておきますと(笑)

☆サックスアンサンブル(月1回)☆
このレッスンだけは休むとカルテットに迷惑がかかるのでだいたい出席していました。
4月にバリトンサックスの人が辞め、
アルトだった人がテナー購入したため演奏したいとの希望もあって、
巡り巡って突然白熊堂がバリトン担当になりました…えーっ(笑)[あせあせ(飛び散る汗)]

基本的には月1回のレッスンのときしか吹けないので誠に情けない状態です。
楽器も格段に大きいため音が出るか心配しまして、まあ一応出るようですが…
レッスン1時間終わるとかなりお腹がすいているのはナゼ[exclamation&question]

今は全く「大きなアルト」状態なのでバリトンならではの吹き方とか
ベースライン的フレーズの面白さとか、その辺りを少し知りたいと思っています。

楽器は教室レンタルで ヤマハの『41』、
mpcはセルマーS80 C☆☆、リードはヴァンドレン青箱3 です。


☆ソプラノサックス☆
1年以上前に購入したソプラノサックスですが、Vega というステキな名前までつけたのに
通算10回くらいしか吹いていなくて、毎回キーパッドがくっついていました[あせあせ(飛び散る汗)]

これではもったいないので、2、3ヶ月に1回レッスンを受けることにしました。
『音を出す』ところからやっているので本当にまだまだですが
まろやかな音を目指す方向でやってみています。
mpcは セルマーのSuperSessionE、リードはリコロイヤル 2-1/2 です。

いまはピッチが低くくて上がりきらないのでアンブシュアを多少締めるのが課題。
テナーでは上ずりで困っているので、これが両立するかどうか心配です。

ワンポイントで印象に残ったのは 『次に出す音を充分にイメージしてから発音する』
するとあら不思議、ばっちりピッチが合うではないですか[雪]
少しは知らず知らずのうちにやっていたことかもしれませんが、
明確に意識することでこんなに違うのかと思ったことです。

これに関連してもう一つ。先生が一緒に吹いてくださるのですが、
同じ音を吹いているときや、簡単なアンサンブル曲のハーモニーで
ピッチがずれると音の干渉(うなり)が生じるので、それを聴いて気をつけること。
ハーモニーを重視するなら チューニングメータでなく「誰か』に合わせるのが大事。
普段の練習にも取り入れると良いそうです。

…とまあ、こんな初心者レベルな感じです[るんるん]


【続く】

「お昼のはじめてジャズ」 [ジャズ/サックス周辺]

ブログ友のるなそるさんとマイルス・カフェの「お昼のはじめてジャズ」に行ってみました。

詳しくはるなそるさんの記事をご覧ください[exclamation×2]

なんちゃって。 少し詳しく↓


今日は何の日 [ジャズ/サックス周辺]

Vega.JPG

今朝、外で何か音がすると思って玄関ドアを開けたらこんなものがいました!「よい子に育ててください」って置き手紙つきでした(笑)。

とりあえず Vega と名づけます[ぴかぴか(新しい)]

インターネットラジオ [ジャズ/サックス周辺]

便利な世の中になったもので、インターネットラジオもすっかり定着しました。白熊堂が音楽系ネットラジオをよく聴くようになったのは「Operadio」あたりだったかな。ここ5年くらいでジャズのもずいぶん増えましたが、使い勝手などで聴くものは決まってきてしまいました。

イロイロひととおり試行錯誤した挙げ句定番どころに落ち着くというB型のサガ(笑)。でもその過程が大事なんだと自分に言い聞かせております。今日はジャズ系ネットラジオ厳選2局!(笑)について書きます。

その1 AccuJazz.com
一人勝ちの感のある AccuJazz ですが、メインページはこんな感じです。

AccujazzMain.JPG


はじめて聴く場合はメイン画面のスピーカーアイコンをクリックして「AccuJazz Main Channnel」を聴くのが良いと思います。メイン画面下の方にずらっと並んでいるのがジャンル別のチャンネルで、見る度に増えています(笑)。どのチャンネルをクリックしても下のようなプレイヤー画面がポップアップします。

AccuJazz player.JPGここで白熊堂は順当に「Saxophone Jazz」チャンネルを聴いています。このプレイヤー画面には「Now Playing」「Artist List」「Other Channnels」のタブがついています。メイン画面に戻らなくても「Other Channels」はここから選べます。


Accujazz Banned.JPG2つめのタブ「Artist List」がある意味AccuJazzのウリで、聴かないアーティストを選べます。アーティスト名横の「-」をクリックすれば「Banned artists」に移動されて「+」印がつき、そのアーティストの曲は流れません。例としてArt Pepperを移動してみました!ひー、ゴメンナサイ。「+」をクリックすればまた元に戻ります。


プレイヤーのメイン画面には現在と2つ前までのアルバムジャケットが表示され、クリックでアマゾン(米)サイトへも飛べるので情報収集にも役立ちます。こうして楽曲売り上げにもかなり貢献しているというのがAccuJazzの存在意義の一つとのことで、著作権はどーなっているのかという辺りもここでクリアされているよう?かも?以前はBlue Note レーベルのネットラジオ局もあったのに日本では聴けなくなってしまったのもその辺の問題らしいです。あまり詳しくないのでそれ以上は判りませんが…。


その2 last.fm
AccuJazzはあくまでも受動的に聴く「ラジオ」ですが、「あれはどんな曲だっけ」「ほかに演奏しているアーティストは」と思ったときに便利なのがこのlast.fmです。今まではHMVなどのサイトで代用していたので助かります。検索の絞り込みがもう少し充実していたら嬉しいですねー。

著作権の関係からか有名プレイヤーは30秒しかアップされていないのが多いのですが、辛抱強く探すとfull track上がっているものもかなりあります。ライブラリを充実させるとかなり使えるものになりそうです。また自分のオーディオプレイヤーなどからアップロードもできるようなのですが、白熊堂はファイルを極力上げないことにしているので今のところ利用していません。本来ユーザーのアップロードによって成り立っていると思われるサイトなので、使うだけだとちょっと申し訳ないです。

last fm banner.JPG

スミマセン、画像はこれだけです(笑)。色々と個人情報が出てくるのでボカしたりすると正味これだけになってしまいます。


さておまけに一つコメントを。白熊堂は曲を知っているつもりでもタイトルを忘れていることが本当に多くて困っています。そこで思ったこと。「ちゃんちゃかたらたら~」と鼻歌を歌ったら、それを検知してタイトルと代表的なトラックを表示してくれる、そんなサイトがあったら本当に嬉しい。高齢化社会に備えて??どなたか是非お願いします~♪

Mカフェに行った話 [ジャズ/サックス周辺]

色んな人から話を聞いていたマイルス・カフェに行ってみました。楽器をやる人はたいてい知っている、「セッションのレッスン」を提供する場所なのですが、案外こういうところはないようなので、「マイルス」氏も良いところに目をつけたものだと思います。ジャズセッション(ファンクもあるので)のページはこちら

白熊堂が参加したのは「ほんとにはじめてジャズ」と、そのまま続けて「はじめてジャズ」。この2クラスは「課題曲」がなくてFのブルースでアドリブのみを回していく形式。参加者も結構多く、楽器もTp、Ss、As、Ts、Fl、Pf、Gt、Bs、Ds、Vo それにタップダンスまで。ブルーススケールの音を1つずつ出してつなげ、最後は1オクターブ完成、それを使って思い思いに演奏。何回か順番が回ってきたり、人のを聴いたりしているうちに12小節の感覚がなんとなくしみこんできました。これ、結構面白い~楽し~♪ じょうずとかヘタとかではなく、みんなそれぞれに面白いし。みんな違って、みんないい。と、金子みすずになってみました(笑)。

次のレベルの「超超初心者ジャズ」クラスも見学。ここからは課題曲「Bag's Groove」があり、みなさん手慣れた感じというか、宿題をしてきている印象がありました(笑)。やはりテーマが最初にあった方がまとまる感じがあります。ホント、ジャズをやるとか習うとかって色んなアプローチがあるんですよね。この日は1.5時間x2クラス立っていたのでさすがに楽器が重かったです…でもワカイお友達もまた増えてヨカッタ。そのうちまた行ってみようと思うので、次はブログ友に会うかもね!


リード沼 [ジャズ/サックス周辺]

090217_reedsblog_6



画像がすべてを語ってくれると思いますが…サックスを始めてから今月末で2年7ヶ月。その間に試したリードです。あと1、2種類あったような気もします。あっ、Vandoren V16も使ったっけ。今回箱が見つからず、残念ながら「欠席」です。

最初はアルトで定番の青箱2半だったのですが、ある日先生がふと「少し雑味のある音を目指してみたら」と一言。それから「雑味」を求めて何千里[E:shoe] 結局良くわからなかった(笑)。

この写真はアルト用・テナー用混ざっていますが、ほぼ全種類でアルト・テナー両方と、かたさも2種類くらいは試しているので、単純計算で4倍(笑)。「これでイイかな」と思っても曲調によって違ったり、こちらのアンブシュアも進歩?したりでまた変わります。その上マウスピース沼も片足つっこんでいるし(笑)。

他の人の話を聞くと、「リードが段ボール箱いっぱいになった」(って箱の大きさは[E:sign02])とか、コルトレーンの死後トランク一杯のマウスピースが出てきたとか、レベルにかかわらず誰もが試行錯誤の沼に吸い込まれるらしいので、楽しみつつ行きたいと思います。まあ、このくらいではまだ足首くらいまでしか浸かっていないと思うので[E:bomb]

で、どれが良かったかと言うと…困ったことにどのリードも良いところがあります。現在使っているのは、アルトではリコのジャズセレクト3S、テナーではリコのオレンジ箱3(2半にしたい。) でもここで一応記念写真[E:camera]を撮ったので、あまり古いのはこれで捨てることにします。「そのうち使うかも」は捨てる[E:sign03]と掃除の達人も言っている(笑)。


NHK BS-hi特集「小曽根真のミュージック・ラボ オスカー・ピーターソン」 [ジャズ/サックス周辺]

NHKハイビジョン特集
「小曽根真のミュージック・ラボ オスカー・ピーターソン」
12月14日(日)午後7:00~8:30

ジャズ・ピアノの巨人、オスカー・ピーターソンの魅力を解剖。

ナビゲーターはジャズ・ピアニスト、小曽根真。
音響分析・スタジオでの演奏を駆使したワークショップ。

面白そうです!いまこの記事を書いている段階では「予告」です。
昨年亡くなったオスカー・ピーターソンの軌跡を追い、演奏を分析する、といった内容らしいです。
この時間出かけているので見られない…(T.T)
NHK BS-hi も自宅ではケーブルを介しているため録画が面倒…でもできるだけやってみます。



オーチャードホールでの「小曽根 真クリスマス・スペシャル2008―Tribute to Oscar Peterson―」にも行くので予習も兼ねて。






ジャズ/サックス周辺 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。