So-net無料ブログ作成
レッスン(Tp) ブログトップ

ひそかにTp発表会(^^ゞ + 常に教訓 [レッスン(Tp)]

実は先週後半にトランペットレッスンの発表会がありました。観客も生徒のみ、それも出たり入ったりで内輪な感じのものです。20人ちょっとの出演者でしたが、レッスン歴半年あまりの白熊堂がおそらく一番下級生のようでした。



白熊堂の曲は「Bewitched, Bothered and Bewilered」で、略して「Bewitched」。もともと歌モノのようですが、あのアート・ペッパーも録音しています。先生によると、この曲に限らず「簡単そうだと思って選んで必ず苦労する」んだそうです(笑)。定番パターンにはまってしまいました。



YouTubeのエラお姉様の歌声でどうぞ。
Bewitched, Bothered and Bewildered  Ella Fitzgerald On The Nat King Cole Show



自分が出せる音域ぎりぎりの上にちょっと長め。結構苦労しました。まあ無事に終わったので…ロストして立ちつくすとか、倒れるとか、そういうことが起こらずにとりあえず最後まで吹けたという低レベルな満足感はありますが、本当はこういう素敵な曲だということがおそらく皆さんには伝わらなかったと思います(^^ゞ ま、おつかれさまでしたということで。



さて。発表会のたびに演奏とは違うことを学びます。今回は「厚着禁物[E:sign03]」 白熊堂は寒がり(で暑がり)なので、この日はカシミアタートル(ユニクロね)の下に防寒Tシャツという万全の構えでした。が、会場のスポットライトが強烈で、譜面台を調節している時点ですでに暑い!というより熱い! 前半を吹いている途中で本当に頭がくらくらしてきて危なかったです。



教訓: スポットライトに注意、厚着厳禁[E:sign03]



アホ話ですみませんが、この際以前のサックス発表会での教訓も書いておきましょう。



教訓: 演奏直前のストラップ調節には注意[E:sign03]



このときは前奏が鳴り始めたときに「ちょっと楽器の位置が低い」と思ってストラップを少し上げてしまいました。その結果上がりすぎ、マウスピースが鼻くらいまで来る状態に(笑)。鼻じゃ吹けん[E:wobbly] 自分が背伸びをしても楽器ごと上がるし、それはそれは大変でした。



でもこういうことって実地でしか学べないんですよね。「100回の練習より1回の本番」と言われるのはこういう理由だったりします[E:sign02]

続きを読む


Tpは口先なんだそうだ [レッスン(Tp)]

まだまだ始めてから日の浅いTpのレッスンですが、今週も行ってきました。サックスは音の一つ一つで押さえるキーが決まっていますが、トランペットはそうではなく、これがホントに大変です。実は楽器を触るまでよく知りませんでした。見たところ指で押さえる部分が3つしかないので、どーやるんだろう?とは思っていましたが。



リードに相当するのは自分の唇の振動です。これに加えて、「息の強さで倍音を出す」
「ピストンバルブを押して管の長さを変える」この組み合わせで音を変えて行きます。私がここでヘタに説明するよりも[E:sun]ヤマハのサイトにすばらしい解説[E:sun]が出ていますので、良かったらご覧下さい。



今はまだ音を出す練習中心なので、一つ一つの音で微妙にこれらの要素を変える練習をしています。サックスとの大きな違いは息のスピードで、「太くゆっくり」と言われ続けてきたので、Tpの速い息を出すコツがまだよくわからず、オクターブ上のレ、ミがなかなか当たらない…(T.T)



ここで本題です(笑)。何を書いても短文どころか箇条書きになる傾向があるので、このブログでは少し愛想良く文章をこねる練習をしているのでお許し下さい[E:maple] 発音する直前に大きく息を吸い、それを「んっ[E:sign03]」と「ためる」というか「つめ」て息の初速を上げるのですが、私はそのポイントを間違えていたようです。



横隔膜の辺りを意識していたのですが、あらためて「どこで」と聞くと、先生があっさり「口元です。トランペットは口先です[E:note]」と。あー、これまでサックスで「おなかおなか」と言われ続けてきたので…(もっと早く言ってくれ~)。確かに、そんな下で息をためていたら失速してしまいますよねー。



で、口先で吹いてみたら確かにちょっとマシでした。が、「ミ」はまだまだ確率悪し。引き続き「口先女」します。


実はトランペットもやっていたり [レッスン(Tp)]

早めにカミングアウトしておくと、実は今年2008年の5月くらいからトランペットも習っています[E:coldsweats01]  最初はサックスの助けになるかと思って始めて、しかしトランペット自体の面白さももちろんあるので、できるだけ続けたい気持ちはあります。 でも楽器も持っていないのでレッスンの時に吹くだけ。たまにレッスンが休みの週に30分くらい楽器と部屋をレンタルして復習するくらいなので今ひとつ上達していません。



今週はトランペットのレッスンもありました。これまたヤマハ系(Tsとは違う会場)なので、月3回、1回30分の個人レッスン。 5月から数えて多分16回めくらいでしょうか。 今はまだ基本のドから上のド、それにかろうじて次のレ、ミが出るかと言ったところ。



今日は基本のドから下の音も一気にやり、最低音のソまでは出ました。高音(私にとっては)に比べると低音は楽ですよ…。 前半は音を出す練習で、真ん中のソから始まってソラシ、ラシド、シドレ、と上がったり、逆にソファミ、ファミレ、ミレド…と下がったり。タンギングせずに息の初速を上げて音を出す練習もしました。本当にまだまだ入門段階です。



サックスに比べると結構ツライ(笑)


レッスン(Tp) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。