So-net無料ブログ作成
検索選択
ライブレポ ブログトップ
前の10件 | -

Sonny Rollins 公演 [ライブレポ]

101004 Rollins.JPG突然の復活記事は Sonny Rollins 公演です。
今回 『80歳記念公演』 と銘打ってのツアーでした。

日本での4回のうち、白熊堂が行ったのは 10月4日、JCBホールでの追加公演です。この日は8曲か9曲くらいを1ステージで演奏してアンコールはなし。これもすっきりして良いかと思いました。曲名も半分くらいしかわからなかった上に既に忘れているのですが、In A Sentimental Mood, カリプソ系1曲、Serenade, St.Thomas, その他。順不同です。

【追記】 るなそるさんからコメントをいただいて曲名がわかりました。『サックス・アンド・ブラスマガジン』ブログにこの日のセットリストが載っています。るなそるさんありがとうございます! また『マイワン』と『In A Sentimental Mood』間違えました(-。-;) サイトはこちら→http://bit.ly/aLloMN

1. Where Are You
2. Patanjali
3. Global Warming
4. My one and Only Love
5. Serenade
6. Nishi
7. St.Thomas
+ + + + +
席はアリーナの7列目だったのでソニーやバックの様子もよく見えました。赤いシャツで出てきたソニーは圧倒的な存在感で、最初の曲を吹き始めたらなんと白熊堂の目にどっと涙が…[あせあせ(飛び散る汗)] 80歳を迎えたソニーの存在自体に言いようのない感動を覚えました。

ネット上に公開されているソニーのインタビューなどを少し読んでみたのですが、早くにドラッグなどから遠ざかり、食生活もベジタリアン、ヨガを実践して日本の神社仏閣や仏教思想にも深い興味を持ち続けていることが何回も語られています。それは正しく健康に生きて長く音楽をやっていくためであり、その恩恵にあずかれたことを白熊堂自身も一ファンとして嬉しくありがたく思いました。

対比されてしまうコルトレーンが悩める学究肌、ソニーは豪放磊落な自然児と言われることもあるようですが、やはり根底には深い悩み、向上心そして練習[グッド(上向き矢印)]があって今のソニーを創ったと再認識しました。ステージ上から観客に向かって ぶっ!ぼっ!とお茶目に低音を放ったり、またある曲では循環呼吸で驚きのエンディングを披露したり、と仕掛けも満載でした。

ソニーのウェブサイトによると、『笑っていいとも』 に出演したときに (見逃したけど) St.Thomasの演奏を撮って土曜日に放映予定、とあります が、検索しても該当する番組がなさそうなので、ひょっとしたら日曜日の 『笑っていいとも増刊号』 のことかも?と思います。

長く放置したこのブログですが、再開したいと思います。これからもよろしくお願いします。


川嶋哲郎サックス奏法研究会 [ライブレポ]

先週末石森管楽器で開催された「川嶋哲郎のサックス奏法研究会」を聴いてきました。今回が第一回で「マウスピースとリード」編 で、三部構成でした。

前回聴講した川嶋さんのセミナーと内容的には重複する部分も多かったです→前回の記事
また何人ものブログ友にやレッスン・ライブ友にも会えて楽しくしてきました。

差し障りがなさそうな範囲で要点メモをアップします。
それでも結構長文になりました。

内容メモはこちらです♪


おひさテナー3人 [ライブレポ]

ライブ記事もここ半年位書いていないですが、そこそこ行っています。
しばらくライブに行く機会のなかった、好きなテナー奏者3人を続けて聴くことができました。
なんとも失礼なタイトルで申し訳ない…。


続きはこちらです♪


練習の心持ちを確認したクリニック [ライブレポ]

5月23日(土) 石森管楽器地下 Dave Pietro (as) and Jonathan Katz (pf) クリニック

Dave Pietro(As)  Jonathan Katz(Pf)
石森のブログにも5/23の項に内容がアップされています。

思えばこの7月末でサックスを習い始めて丸3年になるのですが、
楽器を演奏したり学んで行く心持ちを具体的に示されたことはほとんどありません。
「見て盗め」「聴いて学べ」的なものかも知れませんが、出遅れ大人としては言葉で言ってもらえたらと…。
そういう点でアメリカンなアプローチから再認識することが多く、行って良かったクリニックでした。

有料イベントだったので差し障りのないと思われる範囲で書きます。
追記するつもりでメモ書きのままおいていたのですが、このまま公開してしまいます。
読みにくいと思いますがご容赦ください。

まず3曲の演奏あり。とにかく音が美しい♪


クリニックの内容はこちらです


HotHouse ガチライブ [ライブレポ]

5月21日(木) 高田馬場HotHouse 川嶋哲郎(ts) 菅原高志(ds)

数日前のライブでちょっと消化不良で…この日はすかっと聴けました(^^)v 川嶋さんが目をかけている若手ドラマー菅原さんとの熱い演奏。お互い一歩も引かず、と思いきや互いの見せどころを作りつつ、また川嶋さんの指導もさりげなく入りつつの演奏でした。この日の川嶋さんの音、いつより響いてこれも良い感じだと思っていたら、ドラムセットに反響していたわけで…。ほどよく、思わぬ良い効果でした。

この1年くらいまたよく川嶋さんのライブに行っていますが、どのような状況でも自分の個性を発揮し、聴く側を飽きさせないのは実はすごいなのではないかと。

All The Things You Are
この道
浜辺の歌
…思い出したら書き足します

たった半日前のライブなのに曲目を忘れてしまって(比較的ちゃんと書いている記事はメモしている)。日本の歌が印象に残ったようです。なんというか、上に書いたような「響きの違い」もあってこの日は音自体に気持ちが行ってしまった気がします(忘れた言い訳です)。

時事的なことと言いますか…今週末に予定されていた関西での川嶋さんのライブとクリニックが新型インフルエンザ予防対策のため急遽中止になったそうで、ご本人もとても残念がっておいででした。そして明けて翌日の今日、兵庫県の休校措置が解除されたので、あるいはライブも…と思ったりしたことです。 またこの日は白熊堂の誕生日祝いに(みんなしてもらうので)川嶋さんに「ハッピーバースデイ」を吹いていただくという誠にハッピーなこともありました。仲良くしていただいているみなさんにもかわいいプレゼントをいただき…良い日でした。


The Ambo Unit@NARU [ライブレポ]

5月17日(日) お茶の水NARU The Ambo UNIT
ts安保徹 4 p佐伯賛平 bトッド・ニコルソン ds村田憲一郎

安保徹さん、自分にとって行きやすい地域でライブがあるようになったので、できる限り聴きに行こうと思っています。が…この日はちょっと微妙でした。あの太い音は基本的には健在なのですが、なんかバンドのバランスが…?? 白熊堂はカウンター席奥(バンドに向かって一番左で遠くにあたる)の席。前に川嶋さんのライブですごく良かったときとほとんど変わらない席です。

でもピアノがほとんど聞こえず、あれ?と思っていたらドラマーが「ピアノ聞こえないからモニターの返しを大きくして」とスタッフに注文。それでも事態はあまり改善されなかったようでした。それにドラム自体ずいぶん音が響いて大きかったし、ピアノも川嶋さんのときの今泉さんはくっきりとよく聞こえたし。なんかナマイキなことを書いているようですが、事実そういうやりとりがあったので書いておきます。これまでもAmbo Unitとして活動しているメンバーだと思うのですが…。

安保さんも最初はハンドマイクを使ってのMC(と言っても饒舌タイプではないので曲名紹介くらい)があったのですが、3rdセットになるとマイクを使わなくなり、そしてMCもなくなり。最後はそそくさ、という感じで終わりました。スタンダード曲などはさすが、な感じもあったのですがこちらとしては多少消化不良な感じでした。また次に期待したいです。以前によく聴いていた頃の印象が強いのでちょっと辛口(o_ _)o

(下書き状態でしばらく公開し忘れていました!)

一応のセットリストです


谷口英治6でタイムスリップ [ライブレポ]

5月13日(水)谷口英治セクステットライブ 大久保 石森管楽器B1ホール
谷口英治(cl)、右近 茂(ts)、片岡雄三(tb)、袴塚 淳(p)、ジャンボ小野(b)、山下暢彦(ds)

谷口英治セクステットは「銀座スイング」を根城(って言葉も古いですけれど)として活動10年目に入るそうです。白熊堂はこれまでに2回くらい聴いたことがあります。今回は初めてスイングを出て石森管楽器地下スペースでのライブ。少し遅れて行きましたが、超満員!! 予約だけで50人を超えていたそうで、普段のテーブル椅子に加えて白い補助椅子も出ていました。すごい熱気でした。

しかし…メンバーの一人一人のキャラの濃いこと。音もそれぞれがくっきりして3人分くらいに相当するので小さなビッグバンドといった雰囲気でした。演奏する曲も「60年以上前のものばかり」でジャズの原点を堪能しました。目を閉じれば戦前のニューオリンズ(^.^)   ラグタイムやディキシーは好きなのですがあまりライブでは聴かないのですごく良かったです。日本人もここまで…、なんて言ったら失礼ですがホントにそう思いました。


「Muskrat Ramble」 From the album, "The Best of the Dukes Of Dixieland."
This is the original band (1948-1974)


これはオリジナルの「The Dukes Of Dixieland」で、Assunto親子により結成されたバンドだそうです。現在同名のバンドがありますが無関係で訴訟中らしい。リンクにはバンドについての情報など詳しく記載されています。

同じ曲でYouTube でもう一つ、埋め込み無効なのでリンクを張ります。
Louis Armstrong 版、Louis Armstrong in Munich 1962 これも楽しいです(^.^)

セットリストはこちらです


キャンディ化作戦始動(^O^)v [ライブレポ]

5月11日 Blue Note Tokyo Candy Dulfer ライブ

行ってきました、キャンディ姐さんのライブ。親日家で知られるキャンディ、何回目の来日になるんでしょうか。白熊堂は2回目半(最初の時に遅刻したので)、前回は2年くらい前だったと思います。はキャンディの公式サイトもご覧ください、役に立つ?記事もあります。ニューアルバム「Funked Up And Chilled Out」のPVが表紙です(^.^) 今回のライブ情報はBN Tokyoのサイト→こちらです

そして今回はちょっと特別でした。ブログ友のanneさんとご一緒したんです。anneさんのサックスレッスンでの今の課題曲は「Pick Up The Pieces」、キャンディによってリバイバルされた大ヒット曲ですねー。CDで聴くのも良いけれど、ライブにまさるものなし!と思ってるので迷わずanneさんをお誘いしました(^O^)v

ミニワンピースで登場したキャンディ、相変わらずの電気サックスでしたが元々の音がしっかりしている感じ。ゲストのSheila.E やLeonaを交えてかなりの曲数をこなしました。こういうタイプのミュージシャンは結構「食わず嫌い」されていることも多いと思うのですが、やはりライブで聴くと迫力があるし、これはこれで一つの立派な世界かと。キャンディの小物についてちょっとおもしろい発見があったのですが、これはanneさんの記事にお任せしようと思います~♪ これでanneさんのキャンディ化作戦、始動!です。

全身でリズムをとりながら10曲以上を演奏。新しいアルバムからの曲がほとんどだったようです。anneさんには「みんな予習していくんだから」なんてエラソーに言っておきながら、自分は初見?だった白熊堂でした。1曲あげるとすればODA AL VINO が良かったかな。このYouTubeのクリップはあまり音は良くないですが雰囲気ということで♪

今回はトランペットのオランダ人ミュージシャン、Jan van Duikeren ヤン・ヴァン・ダウレケン がすごく良かったです。確か前のキャンディのときもこの人だったのですが、今回の方が印象が強かったです。検索したところ、リンクしたユニットのほか、アムステルダムコンセルトヘボウのジャズバンドのメンバーらしいです。コンセルトヘボウジャズバンドは少し前にブルーノートで演奏したはずなので、そのときに来ていたはずですね、実は予約していたのですが行けなかったので残念でした。キャンディのサイトによるとこの人がアレンジを任されているらしい。ギターの人もずっと同じ人ですね。

最後はしっかり「Pick Up The Pieces」、めちゃくちゃ盛り上がり、アンコールは「Sax-a-go-go」、それでも「千秋楽」とあって観客はもちろんのこと、ミュージシャンたちもステージから去りがたかったみたいで「2nd show があるのはわかってるんだけど」なんて言いながらのやりとりもありました。そんな訳で、予定通り19時に始まった1st show でしたが、終わったら20時30分過ぎ。本来2nd show の開場時間が20時15分予定だったのでかなりのオーバーでした(^^ゞ  


メンバー名、セットリストはこちらです


愉しきかな東京銘曲堂 [ライブレポ]

5月7日(木) 高田馬場Hot House 東京銘曲堂(川島哲郎ts 岡安芳明gt 上村信b)

Hot House 25年め記念シリーズはまだまだ続いています。この日はHot Houseから誕生したコンボ、「東京銘曲堂」の2日連続ライブでした。1日目だけ行くことができました。

Hot Houseをはじめとして色々なライブハウスで聴く機会のある3人ですが、こうしてユニットになるといわゆるケミストリー(ちょっと違うけど(笑)が働くというか、「3」以上のものが生まれますね。演奏やセット間でも3人で楽しそう、というより「愉しそう」の字を当てたい雰囲気でした。聴いている方にもそれが伝わり、なめらかで良い気持ちになりました。

各セット4曲くらいで、全部知っている曲だったのにまた一部しか記憶していません。思い出したら書き足すということで。

リクエストははずれました(笑)。実は何回かリクエストしている曲を出してみたのですが、なかなか当たりません。皆が曲目を書いたメモを見ながら川嶋さんが「これは?」という感じだったので期待したのですが賛同が得られなかった様子でした。当たるまで書きます(笑)。

Like Someone In Love
Straight No Chaser
Strike Up The Band (邪頭亭さんの記事で思い出して追記)

ひまわり
Shiny Stockings
Autumn Leaves

encore: Summertime

テナーサックス延べ6管 [ライブレポ]

4月30日(木)お茶の水NARU
dsマーク・テイラー4 p今泉正明 b井上陽介 ts川嶋哲郎


先週はかなり濃い1週間でした。4月30日には期待できるカルテットがNARUに出演。
もう、文句なく良かったです。川島哲郎さんは最近若手とカルテットを組むことが多いようですが、やはり演奏的に成熟しつつある同年代との演奏はなんと言っても聴き応えがあります。ピアノ、ベースもこの二人ならではの厚みと香り高さでした。MCはテイラーさん。


1セット目途中から
Darn That Dream
Cherokee

2セット目途中まで
Invitation
This I Dig Of You (Hank Mobley)
Body And Soul



井上陽介さんは使う音域が他の人に比べて広いようで、楽器を抱え込んで弦の下までリーチする演奏スタイルがまた独特です。今泉さんのピアノも一音一音がはっきりとして妥協がなく、ほどよいスピード感で知的なフレーズが駆けめぐっていました。

この日は3セットだったのですが、2セット目の途中、Body And Soul の途中で後ろ髪をぎゅーぎゅー引かれながら(^^ゞ ライブ友と Hot House へ。Hot House 25年目のスペシャルシリーズが始まっているので「行かなくてはいけなかった」(笑)のです。


4月30日(木) 高田馬場Hot House 
H.H.スーパートリオ 峰 厚介(ts) 山口真文(ts) 竹内 直(ts)


そして到着した Hot House、演奏はすでに始まっていましたが、席についてからの1曲目がなんとまた「Body And Soul」でした(^^)v こんなことってあるんですね、良い感じにつながりました。望んでもなかなか実現しないこのテナーサックス3管、竹内直さんがこの日はちょっと控えめでした(笑)。このメンバーだと「正・反・合」的な展開を期待してしまうのですが、楽しく裏切られることもしばしばで、3人が互いに役割を交代しながらの演奏が繰り広げられました。すごく堪能したのですが曲名はすべて忘れました…。

最後のリクエスト曲、「St.Thomas」当たりました。あまりにも有名な曲なのでためらいもあったのですが、この3人で楽しく盛り上がって終わる、という読みが当たったと言えましょう(笑)。そのときによりますが、リクエスト曲は多少気楽なものの方がよく当たるように思います。


5月1日(金)  高田馬場 Hot House
H.H.スーパートリオ 峰 厚介(ts) 鈴木ひさつぐ(ts) 西嶋 徹(b)


その翌日またまた Hot Houseへ。この日も曲名忘れてます。遅れて行ったので峰さんの楽器の真横30㎝くらいのところで聴く位置となり、峰さんにも音がうるさいのではとお気遣いいただいたのですが…これがまたゼンゼンうるさくないんですね。不思議なことに「木管」を強く感じた日でした。この日はリクエストは当たりませんでした(笑)。


4/27(月) 高田馬場Hot House H.H.スペシャル 岡崎好朗(tp) 類家心平(tp)


このお二人、この日4月27日がお誕生日。人気トランペッターのこの方たちが同じ日に生まれたなんてすごいですよね。ちなみに岡崎好朗さんの方がスコシお年上です。白熊堂がHot Houseに着いたときにはケーキカット(笑)も終わっていましたが、お祝い気分充満した中での演奏でした。最後の曲のリクエスト、あまり出なかったようで白熊堂のが当たりました。「When I Fall In Love」です。自分としては珍しいリクエストですが、このお二人に合うような気がして。

トランペットのレッスンも実はまだやめていないので、つい奏者の口元もじーっと見てしまうわけですが、好朗さんのアンブシュアは崩れなくて実に端正でした。好朗さんのぱりっとしたアニキ的な演奏に類家さんの、ミュートプレイを交えた絡みが良かったです。この日の類家さんの演奏は哀愁というか、昔の夜汽車の汽笛みたいな雰囲気もありました。このお二人はまたさりげなくおしゃれで、靴もちょっと面白いのをご着用でした。

類家さん、もうすぐCD発売されるそうです。詳しくはご本人のブログへ。写真がかっこいいです~。CDはなんと全曲オリジナル、一部 My Space で聴くことができます。この辺は全然夜汽車的ではないです(笑)が、アジテート感もまた良し、です。


ここまではタイトル通り、テナーサックス延べ6管です。そして7管目! ブログ友るなそるさんの発表会に伺ってきました。キャリア豊かなるなそるさん、さすがの演奏でした。感想が低レベルで申し訳ないのですが、とにかく音が太くしっかり、演奏が正確、リードミスもなく(当たり前か…)、ソロも多彩なフレーズがたくさん盛り込まれていて本当に聴き応えがありました。あんな上手に吹けたらそりゃあ楽しいだろうなあ。先生も良く知られたプロの方で、レベルの高い生徒さんがたくさんおいででした。いいなあ…とため息混じりの白熊堂でした。あまり詳しく書いたら「個人情報ナントカ」に抵触するかも知れないので…。るなそるさんが記事をアップされると思いますので、ご本人の記事をごらんくださいマセ。

実は数日前からメインのパソコンが調子悪かったのですが、ついに壊れました!長生きしているのでパソコン歴はやたら長い白熊堂ですが、今ひとつ中身がよく判らない。メモリを差したりHDDを増設するくらいが限界です。故障箇所はおそらくメモリかビデオカードあたりだと思うのですが、ついにモニタに何も表示されなくなったのでメーカー修理になりました。この記事は普段あまり使っていないノートPCから書いていますがやはりやりにくいですね~、使い慣れたメインPCが早く戻ってこないかと思っています。な~んて言っているわりにはしっかり長文でした。最後までお読みくださってありがとうございました。


前の10件 | - ライブレポ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。