So-net無料ブログ作成

消化良すぎ [レッスン(出直し)]

相変わらずアドリブの初歩をやっている「出直し」レッスンです。
主なところだけ書きますと…[雪]

今回は「枯葉」でまずコードトーンをつなげたフレーズをその場で吹き、
次にフレーズ集を先生のピアノに合わせて吹きました。

そのあと先生が突然 「リードシート以外の譜面はしまってください」と。
「ではピアノに合わせて自分から出てくるものを吹いてみて」

あー[爆弾] えー[どんっ(衝撃)] うー[パンチ]
最初からそう言ってくれれば意識して吹いたのに←態度悪い大人
というくらい、気を入れずに練習していたわけですよ…。

とりあえず吹いた「自分から出てきたもの」は、
これまでやってきたハズのものの、本当に絞りかすみたいな感じ。
「消化して出す」と言われていたけれども、逆の「消化」になってしまいました。

曲の後半からはショックからも少し立ち直って(笑) とりあえず何かずるずると吹きましたが
これまでにやっていたものとは似ても似つかぬ感じ。
正確に暗譜したものである必要はない、と言われましたが…意外とできないものなんだなーと。

コードトーンをつなげる練習は曲のコード進行を知り、コード感を得る上で良い練習だと思います。
もちろんこれだけではアドリブにはなりませんが、
そういう意味では不可欠の練習だと言えるでしょう。

でも、そこから使用スケールへのつながりや、
コードトーンを押さえながらアプローチノート(まだちゃんと習っていない)を使ったり、
そのあたりが白熊堂にとってはまだまだ『深くて黒い河』です。

少し前には正攻法でスケールからのアプローチも出てきたのですが、
理詰めでないアホ生徒を見て無理![バッド(下向き矢印)]と思われたようで先生が作戦変更の結果、
「なんとなくまるごとやってみる」的なやり方になったようです。

でも先生がこう来ると判ったので(笑)、今更ですがフレーズも少し練習することにします…。






nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 10

fion

私もいつか『深くて黒い河』に足をふみいれる時が
くるのでしょうか・・・
明日が今年初めてのレッスンです。
すっかり間があいてしまったのでまたやり直しの予感・・・(爆)
by fion (2010-01-18 01:01) 

anne

こんばんは♪

>『深くて黒い河』
思わず、長谷川きよしさんの唄を聴きたくなってYouTubeで
聴いてしまいましたよ。(笑) と、歳が、、以下省略。。。

アドリブレッスン、お疲れ様です。
とても丁寧に習ってらして、、
きっとその内全部がパラパラとオセロゲームのように石が揃うのでしょうね。
私の方は、駄目です。ま~たく駄目です。はぁ~あ。(人様のブログでため息付くなんて、態度わるぅ)
by anne (2010-01-18 02:02) 

るなそる

おはようございます。
いくつかの方法論は教えていただいているのですが、まだまだ実践投入出来ません(ToT)
その場でなんて、全く出ないし…。
だからといって書くのも一苦労。
少しの間はアタマに残っていても何日か経つと、どこかへ飛んでいってしまいます。
白熊堂さん、お疲れ様です。
きっと次回のレッスンでは、白熊堂さんが練習した成果で先生がビックリされると思います♪
by るなそる (2010-01-18 07:45) 

白熊堂

fion さん

間が空くとすっかり戻ってしまいますよね…。
ホントに困ったものです、って他人事みたいに。

『黒くて深い河』、長靴用意!です(笑)
by 白熊堂 (2010-01-18 11:16) 

白熊堂

anne さん

『黒くて深い河』に反応してくださってありがとうございます(^.^)
ちょっと仕掛けてみました~、なんて。

>私の方は、駄目です。ま~たく駄目です。はぁ~あ。(人様のブログでため息付くなんて、態度わるぅ)

いやいや、ひとのブログだからこそです。
ここで色々投げ捨てて?行ってくださいマセ。

白熊堂もanneさんのコメントについ軽いノリで書き、
あとから自分でちょっとドッキリすることがあります(^^ゞ
by 白熊堂 (2010-01-18 11:20) 

白熊堂

るなそる さん

いつも nice! ありがとうございます♪

なんだかね~~、の世界なんですけど(笑)
何か音を出してもそれまでとゼンゼン、まーったく違うというのが(-.-#)

>どこかへ飛んでいってしまいます。

これがまた問題で。
アドリブのフレーズはもちろんですが、
テーマもはたと忘れたりするので処置なしかもです…(T_T)

by 白熊堂 (2010-01-18 11:23) 

邪頭亭

深くて黒い河ようこそお越し下さいました。
僕は深い深い沼に、はまっております…(苦笑)
by 邪頭亭 (2010-01-19 15:42) 

白熊堂

邪頭亭 さん

邪頭亭さんは沼ですか…水先案内人、ヨロシクお願いします。

「好きに吹いて」と言われても「ホントにこんなの吹いて良いのかな」
なんて無駄に思ったりするんですよねー(笑)

安保さんレポお待ちしてます♪

by 白熊堂 (2010-01-20 00:35) 

うらら

こんにちは♪
最近はライブでよくお会いしますね。^^

「今回はこんな感じでした」が締めくくりの言葉かと思ってました。で、さっき見たらコメントがついていたので、開いてみたら、「つづき」が
…(^^;)。いやー、トクした気分です。

正攻法スケールだけっていうのは、自分なんか想像もつきません。やっぱりスケールを見せつつも、「自分の中から出てくるものを」という方向が一般的なのかなぁ、と。よくは分かりませんが。勿論、感性を尊重した方がいい生徒はいるものです。白熊堂さんは、そのタイプかも。音感という点でも、ジャズ歴という点でも。

>でも先生がこう来ると判ったので(笑)、今更ですがフレーズも少し練習することにします…。

どんなの練習したか、また教えてください!
また、ライブでご一緒しましょうね(^^)/


by うらら (2010-01-28 16:40) 

白熊堂

うららさん

>「今回はこんな感じでした」が締めくくりの言葉かと思ってました。

あっ、ホントにそう見えますね。あとで変えておきます。

>やっぱりスケールを見せつつも、「自分の中から出てくるものを」という方向が一般的なのかなぁ、と。

そうですよね。いくらスケールだけできてもそれじゃ曲やアドリブにならないし。譜面だったら調号で書いてあるから良いけど、コード進行を見て判断しながら…になるとおもうのですが。「自分の中から」出てこない人はいないと思うんですよね。でも出し方というか、やっぱりやみくもじゃダメなわけで…。そのあたり、「大御所先生」のレッスンに期待(私も(笑) したいところです♪

>どんなの練習したか、また教えてください!

はい~。レッスン内容はたぶんしばらく同じだと思います。半年くらいコレかも…。またライブでも。
by 白熊堂 (2010-02-06 13:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。