So-net無料ブログ作成

川嶋哲郎「わがままサックス哲学」イベント [ライブレポ]

4月5日(日) 川嶋哲郎の「わがままサックス哲学」イベント 石森管楽器地下スペース

川嶋さんはここ数年雑誌「JAZZ LIFE」に連載を持っていますが、それと連動してクリニック形式のイベントがありました。楽器持参の人も多く、いつものライブとはちょっと違った熱気が満ちていた会場でした。一応有料だったので内容をどのくらい書いてよいものかと思っていたら石森管楽器のブログに記事が出ました。だいたいこれで言い尽くされています(笑)→こちらです。まだの方、是非ご一読を。

開演前に写真撮影と録音が(常識範囲で)OKとの告知があり、するとほぼ全員レコーダー持参ではないですか!(笑) 観客は川嶋さんの生徒風の人や、いかにもサックスをしていそうな青年層がほとんどで、もしかしたら事前に情報がまわっていたのかも知れませんが…みなさん用意の良いこと。白熊堂は直後に近くでレッスンだったのでR-09を持っていてラッキー!とばかり録音してみましたが、少しノートも取ったので結局まだ聴いていません。

この企画も続きがあることが前提らしく、今回は演奏の基本が話が主なテーマでした。

特に強調されたのは「」。息で支えることの大切さ、息の量とスピードについて。「支える息」の呼吸法もクラス(って感じでした(笑) 全員で川嶋さんに合わせて吸ったり吐いたり。「おー、何かアヤシイ雰囲気!」とご本人も笑ってしまう一幕もあったり。 口ではなく息で支える、がポイントなのだそうですが、これもまたなかなかイバラの道とのことで…。

音を出すに当たって息と切り離せないマウスピースとリードについてもいくつか言及されました。川嶋さんは国産メーカーメタルMPの広いオープニング使用だそうですが、「広いMPだと死ぬ気で吹いてしまう→音が割れる」が、「黙っていても息が入る→それならば息を入れなくて良い」発想で吹いている、と半ば禅問答のような「演奏心がけ」の話も多くありました。リードについても「硬いと思えば硬くなる」「ちょっと辛い状態で吹くのが良い」と、自分に少し重荷をかけて演奏する(弱Mな…)川嶋さんの姿勢がそこここに感じられたのでありました。

テナープレイヤーならではの話。テナーサックスは他に比べてベルが遠くにあるので自分に音が聞こえにくい、従って自分に聞こえる音を吹いていてはいけない、ちょっと聞こえないくらいがグッドだそうです。これは白熊堂も自分の先生にレッスンでよく言われることなので再確認でした。

IshimoriSakura.JPG
最後にソロ演奏。
結構ノっていた感じの川嶋さん。

テナーサックスで
In A Sentimental Mood
All The Things You Are
そしてフルートで「さくら」でした。

サックスの哲人・川嶋さんの姿勢を改めて知ったこのクリニックでした。ジャズライフ誌の大伴氏のナビゲーションも良かったです。次回はまたソロライブで5月1日の予定。

写真は石森管楽器向かいの満開の桜。個人のお宅ですね、ゴメンナサイ<(_ _)>
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 7

るなそる

川嶋さん…ライブご無沙汰してます~。
(Jazz Lifeは読んでますが…←買いなさいって★)
「自分に聞こえる音で吹いてはいけない」…なるほどー。
確かにベルが遠いですもんね。
壁に音をあてるとよく聞こえるのに、空間に向けてだと聞こえにくい…。
といっても、プロフェッショナルな方の音は大きくて通りますよね(;´∀`)
レッスンで、しょぼーい音だと怒られマス…。

ひとつ前の日記についてですが、安保さん出演のライブに行かれたのですね♪
私は何年行ってないんだろう…。
今月行きたいところですけど、多分雑務に追われてムリっぽいです(ToT)
楽しんできて下さいねっ。
by るなそる (2009-04-10 03:23) 

白熊堂

るなそるさん おはようございます

JAZZ LIFE連載、ファンが多いですよね。
最初の方を読み逃してしまって残念なんですよー、本にならないかな。

白熊堂の場合、自分の耳が詰まったように聞こえる音だと「それで良いです」って言われてしまうんですよー、これも微妙(笑) まだまだよく判りません。

安保さんライブ、ホントに久しぶりでした。
るなそるさんもお好きなんですよね♪ 近いうちに行けるといいですね。
来週のも多分レポできると思います。
by 白熊堂 (2009-04-10 10:19) 

anne

こんばんは♪

おぉ、コレ行かれたんですね。
ライブレポでも、川嶋哲郎さんのお名前が良く出ていたので
たぶん、お出かけになるんだろうなぁ~って思っていたのですが
丁度レッスンの前後だったんですね。

私も様子見していたのですが
結局都合が付かず申し込みしませんでした。
続き物のようなので、タイミングが合う時に行ってみたいわ~と思います。
by anne (2009-04-10 19:13) 

白熊堂

anneさん こんばんは♪

行ってきました(^。^)
普段のライブとはまた違った催しだったので。
ご本人の言葉で語られると説得力がありますね。
しかし会場の青少年たちの熱い目!
プレイヤーにはこういう人たちへの責任もあるんだと、
ちょっと余分な感想も持ちました。

次回は是非ご一緒に。
即興についての話になるような感じでしたヨ。
by 白熊堂 (2009-04-10 21:52) 

白熊堂

るなそるさん、nice! ありがとうございます(^。^)
今気がつきました…みなさんの記事もいつもniceと思いながらつけそこなっていて…次からできると良いのですが。
by 白熊堂 (2009-04-11 01:22) 

邪頭亭

この企画、本当に行きたかったです…(泣)

また川嶋さんらしい、含蓄のあるお言葉ですね。
やはり、最後は「呼吸」に行き着くんですね… 呼吸に拘るからこそ、あれだけの豊かな音量と音質が出せるんでしょうね。

今、マッピはどこの使ってるんでしょ?(国産メーカーと書いてあったので)
by 邪頭亭 (2009-04-12 14:31) 

白熊堂

邪頭亭さん

>この企画、本当に行きたかったです…(泣)
日曜日の日中というのが良かった人もいれば泣いた人もいたという…。
次回は是非万難を排して!?ですねー。

川嶋さんの「教え」は色んなレベルの人がそれぞれに受け止められて、それが優れた点だと思いました。そのときの話では肺活量も5,000以下で特に大きいことはないとか。やはり効率…?

MPですが、ここは過疎ブログなのでこそっと書いてしまいますと、Y***g~~ の「特殊」な「ハイバッフル」との話でカスタム中のカスタムではないかと(笑)。開きはこれまた#11だとのことでした。
by 白熊堂 (2009-04-12 15:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。